カウンター

Twitter

セルフィ完成間近

 俺の名前はジョージ・ジョースター。みんなはサブローって呼んでるぜ。

 

 呼んでません、サブローです。

 

 

 H'avenで3曲目となるselfish walker、楽曲完成が間近です。

 

 昨日リーダーからデータを送ってもらい試聴しましたが、すげえ格好良いです。

 

 はっきり言って僕が最初に作った時のイメージなんかとは比べ物にならないほど凄い感じになってました。

 

 これが、このH'avenのスタイルの良い所だなあと思います。

 

 僕が最初に作詞して、メロディラインを決めてジローに送る。その時には、俺の中でざっくりとした楽曲のイメージがあります(ぼんやりとだったり、結構しっかりとしたものだったりしますが)。

 

 リーダーがそれを編曲します(というかその他全部を行いますw)。

 

 ちなみに、リーダーに送られるものは、音痴なヤツがアカペラでなんとなくふにゃふにゃ歌っているだけのものなので、他の人間には「なんだこれ?」状態の代物です。正直リーダーでないとこの工程では作成できないと思っています。

 

 まあそんなこんなで、リーダーは一生懸命詞やメロディ、楽曲全体のイメージを読みとったり、広げたりしていくわけなんですが、ここで僕のイメージとリーダーイメージとでズレが生じます。どうしても、絶対に、間違いなくです。

 これが、面白い。面白いし、凄く嬉しい。

 自分の頭の中にあるものを形に出来るって言うのは、凄く、それは凄く嬉しい事なんだけど、それよりも、なんというか、上手く言えないんだけど、自分の想像を、ぐわっと飛び越えていかれたら、それはもっともっと嬉しいなあって。

 そんな風に思います。

 

 とまあ、そろそろ投稿も近いので、真面目な話をしてみました。

 

 しかしもう12月も半ばですか、早すぎるなあ。